福岡・赤坂の美容室アプレ

アプレは福岡市中央区赤坂けやき通り沿いの美容室です。

24時間受付OK!ネット予約はこちら

アプレのブログ

ヘアカラー

カラーのアレルギー対策として

花粉症の季節なようで、多くのお客様がマスクをしてご来店しております。

 

幸い、私は花粉症ではないと思い込んでいるのですが、よくクシャミをしております(それが花粉症です)

 

なんでも人はそれぞれに花粉を受け入れられる許容量というものがあって、それを超えると花粉症としてアレルギー反応が出るという事。

 

明日にでも花粉症が発症するかもしれないってことですかね?

 

それを防ぐ為にも、毎日のアルコール消毒は欠かさないようにしたいと思います(笑)

 

 

冗談はさておき、この花粉症と同じような事がヘアカラー、特に白髪染めでも起こります。

 

しかもヘアカラーのアレルギーは、くしゃみや鼻水なんかよりも酷く、顔中が風船のように膨らみ、酷いと呼吸困難に陥ってしまうという「アナフィラキシーショック」というものを起こすんですよ。

 

これは『ジアミンアレルギー』といって、普通のカラー剤に使われている染料に反応するアレルギーで、本当に危険なので、もしこの症状がある方は普通のカラーリングは控え、ノンジアミンカラーにしましょう。

 

ヘナとインディゴもノンジアミンカラーです。

 

ジアミンアレルギーになってしまうと大変なので、アプレでは予防策を細かく取り入れております。

 

「カラーをしない」というのが1番なのですが、いつまでもキレイでいたい皆様はそういう訳にもいかないですからね。

 

その予防策の一つが「アロマカラー」を使っての施術。

 

 

アロマカラーで黒髪を明るくは出来ないのですが、白髪率が多いと明るさのコントロールも出来ます。

 

それに、暗めに仕上げたいのでしたら問題ないので、そういった場合は通常のカラーよりジアミンの量が少ないアロマカラーで施術しております。

 

次が塗布の仕方。

 

毛穴に逆らうようには塗布しないとか、後ろの見えない部分は頭皮にベッタリ付けないとか、ハケを立てるようにして塗布しないとか、極力、頭皮にジアミンが蓄積しないように配慮しております。

 

ハケの毛もなるべくやららかくて頭皮への刺激が少ない物を使ってます。

 

そして髪を洗うときの乳化と残留薬剤の除去

 

カラーリングで1番重要といっても良いこの乳化と残留薬剤の除去。

 

乳化とは、カラー剤を流す時に、少量のお湯を与えてもみこみながらカラー剤を乳化させること。

 

残留薬剤の除去は、バッファー剤やカタラーゼという酵素を使って、カラー剤に含まれる髪のダメージ成分を分解することです。

 

『カラー剤をただ塗るだけ』

 

でしたら、家で自分でやったり、安いカラー専門店でもいいかもしれませんが、この先長くやっていくカラーリングに対して細かな部分にも目を行き届かせていくんだったら、アプレでの施術をお勧めします。

 

ではまた

 

 

簡単便利なLINE予約はこちら。
友だち追加数
予約はトークからどうぞ!(詳しくはこちらからLINEでの予約の仕方

 

オヤマダのブログはこちらから

 

フェイスブック申請大歓迎です小山田修のフェイスブック

 

電話での予約は092-716-7456
(スマホからは番号をタップしてください)
または24時間受付ウェブ予約
自分の為のメイク教室ブログ
http://ameblo.jp/apres-makeup

 

2017年03月05日
オヤマダ オサム

ページの先頭へ↑